U.Ge Lab コラム

私の幸せの風景 ― マーブル調の様に⼈それぞれ ―

今年のコラムのお題を聞いた時
⾃分⾃⾝の過去の出来事 今楽しんでいること、未来について希望について 思いを巡らせてみました。

50 代に⼊ったという事もあり ⼈⽣100 年時代であるならば ちょうど折り返し地点。
いろいろ振り返ったり ⾃分⾃⾝の未来について考えるには良いタイミング。
会社でも 今迄の会社⼈⽣の振り返りと今後の⼈⽣プランについて(お⾦のことを含めて)考える2 ⽇間の研修があったところです。

若い時を振り返ると 体⼒もあったので なんだか気負っていたなと思います。 ⼈に良いところを⾒せようとしたり周りの⼈に負けまいと意気込んでいたり ⼈並みに追いつこうとしたり なんだかジタバタしていました。
他⼈と同じじゃないと幸せじゃないと思い と焦っていたのかもしれませんし 必要以上に他⼈の⽬を気にしていたのかもしれません。
その分その頃の⾃分は がんばっていたとも⾔えるので 今はいとおしく思えるのですが。

今 幸せかと問われれば ⼤変な事も沢⼭ありますが 私は幸せかなと思っています。
若い時より ⼈⽣経験なのか 神経が図太くなったのか他⼈の⽬が気にならなくなったからかもしれません。
特に 4 年前に飼い始めた⽝が 今の幸せをつれてきてくれました。
⾼齢の両親も ⽝との⽣活に最初は⼾惑っていましたが 今は 孫よりも可愛いと⾔い(姪には内緒ですが) ⽝中⼼の⽣活です。
昨年⺟は⾜の⼿術の為⼊院していましたが ⽝に早く会いたくて 病院の先⽣に「いつ退院できるのですか︖」と毎⽇のように聞き困らせていたようです。でもそのおかげで 予定よりだいぶ早く退院出来ました。 年齢に関係なく 気持ちって⼤事なんですね〜。
⽝との⽣活で 幸せって本当に⾝近で⼩さいところにあるんだ〜と実感しています。
年を重ねると いろいろ出来なくなってくる事が出てきますが 反対に楽しさ、幸せはいくらでもあるのだとこれから年を重ねても ⼈それぞれが感じる⼩さな幸せが沢⼭待っていると 期待しています。
 

(⼣暮れ時の70 代の⺟と⽝の背中)

先⽇ お客様であるオーケー化成社の営業の⽅にお会いした際に(NAGORI(三井化学社製))をオーケー化成社でマーブル調に着⾊された バッチを頂きました。
このバッチは WHITE RIBBON BOUTONNIERE(ホワイトリボンブートニエール)と呼ばれるもので
世界中の⼥性がより健康に⾃分らしく⽣きることを⽀援するホワイトリボンという運動のシンボルバッチなのだそうです。
ここにマーブル調が選ばれた理由は 1 つ1 つ違って個性があるが それが重要な意匠性の役割を果たしている。
皆同じでなくても良いという事を象徴しているからという事をお聞きして じーんと感動している⾃分がいました。
⼈と同じじゃなくても⼤丈夫、 幸せは⼈それぞれという事が これから沢⼭の幸せな⾵景に出会えると感じられる今⽇この頃です。

WHITE RIBBON

長瀬産業株式会社 カラー&プロセシング事業部 水科智美

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association