セミナー&イベント

「ミラノサローネ2022デザインセミナー」
-ミラノサローネから読み解く、今後デザインが向かう方向-
2022年7月12日16:00~17:30 
 

「ミラノサローネ2022デザインセミナー」
-ミラノサローネから読み解く、今後デザインが向かう方向-

最先端のカラーやデザインの発表の場として、様々なジャンルのクリエイターから注目を集める世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」。
このミラノサローネにCanonやLEXUSブースのプロデューサー、アドバイザーとして長年関わってこられた桐山登士樹氏が、60回目の節目を迎えたミラノサローネ2022を取材し、注目されたデザインの動向から今後のデザインに求められる要素についてお伝えいたします。

講 師

桐山登士樹
PROFILE : 30年に渡ってデザインの可能性を探り、さまざまな基盤や領域の活動を実践。1993年から今日まで富山県のデザイン振興に携わり、商品化を前提とした「とやまデザインコンペティション」を企画・実施。地域の資産を生かした「幸のこわけ」の企画・商品化など多面的な活動を展開中。現在、株式会社TRUNKデザインディレクター、富山県総合デザインセンター所長、富山県美術館副館長。他に展覧会「ニューヨーク近代美術館巡回 現代デザインに見る素材の変容(1996)」「イタリアと日本 生活のデザイン展(2001)」他多数。ミラノデザインウィークで2005年から2019年まで日本企業のブランディングを手掛け、LEXUS、Canon(エリータデザインアワード2011グランプリ受賞)、AISIN、GrandSeiko、2015年「ミラノ国際博覧会」日本館(金賞受賞)広報・行催事プロデューサー他、JAFCAアドバイザリーボードメンバー。

セミナー情報

開催日時 2022年7月12日(火)16:00~17:30 
 
会場 JAFCA会議室とZoom配信のハイブリッド開催
一般社団法人日本流行色協会 会議室(
交通アクセス
東京都千代田区神田神保町2-2-31ヒューリック神保町ビル6F
TEL. 03-5275-1016 FAX. 03-5275-1017
受講料
■部会員         3,300円(税込)
(プロダクツ&インテリア部会、レディスウェア部会、メンズウェア部会に入会されている方) 


■JAFCA会員              4,400円(税込)
■一般                 6,600円(税込)

(価格は1名様分・消費税込み、納入済み受講料は払い戻しいたしません。)
前日までにお支払くださいますようお願い申し上げます。お振込みの確認をもって、受付完了とさせていただきます。
定員
 
会場参加 先着35名(定員になりしだい締め切ります)
Zoom参加 100名
申し込み 参加申し込み」ページにてお申し込みください。
 

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association