カラートレンド

 
 
 

2020年春夏JAFCAプロダクツ&インテリアカラー

|| カラーテーマ

“KISEKI” (きせき)


循環していく社会をイメージし「輪廻転生」をグループ名に

テーマ「KISEKI」には、「軌跡」(trajectory)、「奇跡」(miracle)の二つの意味が込められている。「軌跡」には「未来につながる軌道」「物事が循環する軌跡」という意味が、「奇跡」には「汚染してしまった地球が蘇る奇跡」「地球上から戦争が無くなる奇跡」という意味が込められている。
各カラーグループのタイトルは仏教やインド哲学などで使われる、スピリチュアルな意味も含む「輪廻転生」(りんねてんしょう)から一文字ずつを取った。
 

|| カラーグループの特徴

1.輪(りん)

赤系で構成したカラーグループ。人体を巡る血液、人との温かいつながり、情熱、踊り出したくなるような楽しさ、男女ともにある「女性性」を表現する。

2.廻(ね)

さまざまな「白」で構成したカラーグループ。リサイクルによってさらに機能を高める「アップサイクル」、新たな素材として生まれ変わる「リジェネレーション」をキーワードにしたカラー。

3.転(てん)

青系で構成したカラーグループ。「転」には流転、転回、転換、変化のきっかけといった意味を込めている。雨、海、湖、川、水蒸気、青い地球のもとになる水の全て、淀むことなく形を変え流れる水の姿、水蒸気や透明な水面の輝きを表現する。

4.生(しょう)

緑系で構成したカラーグループ。顕微鏡で見た光る細胞、合成生物の誕生、再生される自然を表現する表現するカラーグループ。

※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。

JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。さらに詳しい解説や配色例の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association