カラートレンド

 

 

 


2018年春夏JAFCAプロダクツ&インテリアカラー

|| カラーテーマ

“Exaltation/Serenity” 高揚と静穏

人の情感に訴えかける、カラーデザインが求められる

色選定会議では「2020年に向けてデザインはエモーショナルになる」という意見が出された。技術の先進性や機能を伝えるデザインよりも、人の情感に訴えかけるデザインが求められるという意見である。変化が激しい時代である。極端に違う価値観が併存する時代である。時代はさらにダイバーシティ(diversity)を目指して「違い」を際立たせ、それらを調和させる方向に向かう。
2018年春夏に向けてカラー・テーマは「Exaltation / Serenity 高揚と静穏」とした。カラーは、心身共に高揚させる色の組み合わせ、穏やかな感情でいられる色の組み合わせ、そのどちらでもないニュートラルな状態でいられる色の組み合わせの3つのグループで構成した。

|| カラーグループの特徴

1.Athlete アスリート

精神を高揚させるための商品や場面、空間に用いるカラーグループ。白を挟んで、黒とダークグリーンと強い主張を持つ色とで構成した。オレンジ系と反対色のターコイズブルーと組み合わせてもいいし、茶みのオレンジと青みのダークグリーンを白か黒で対比感を和らげて組み合わせてもいい。


2.Neutralize ニュートラライズ

心身をニュートラルな状態に戻すためのカラー。ニュートラルカラーといえば、通常は白、黒、グレーなど色みを含まないか、わずかに色みを感じさせる色のことを指すが、今回は心身のバランスがとれたニュートラルな状態を色に置き換えた。


3.Primitech プリミテック

プリミテックはPrimitive と Technology を掛け合わせた造語で、昔ながらの伝統を守りながら、最新技術を用いて節度ある革新を行うという意味を込めている。天然素材そのままの色と風合いを生かしながら、きっちりと作り込まれたもの、或いは伝統工芸の技術と電子技術が融合したデザインに用いる。このカラーグループでは赤紫とシルバーが配色の鍵を握る。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。

JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。詳しい解説や配色の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association