カラートレンド

 

 

 


2018年秋冬JAFCAプロダクツ&インテリアカラー

|| カラーテーマ

“Stance スタンス —部屋と私

部屋との関わりをテーマに

今は、どこでも仕事ができるし、会話もできる。働き方が変わり、プライベートな空間がスカイプなどを通してオフィシャルな場に早変わりする。開かれた、多用途に活用できる「場」が、家の中にできれば、それとは逆に、公開されない、極めて個人的な時間を過ごす「場」が必要になる。自分の、或いは親しい二人だけの立ち居振る舞いに沿ったデザイン、Intimate(親密な)な空間デザインが求められる。
また、下界の流れと距離を置いた静かな空間で、穏やかな状態でいられる空間、自分の本心と語り合う時間が、現代人には必須と言えるかもしれない。
こうした時代背景を受けて、2018年秋冬に向けて、自分と部屋との関わりをテーマにした。空間のカラー・イメージをその部屋と、そこに居る人との会話として、より自分のニュートラルな状態で会話できるカラーをStance 1.0とし、「構え」が必要な度合いを表現するためにStance 2.0、Stance 3.0とした。Stance ∞は、夢の中にいるような、境界のない、縦横無尽に時間軸を旅することができるような空間のための色を設定した。

|| カラーグループの特徴

1.甘え Stance 1.0

自分が自分でいられる、静かで、穏やかな空間を作るための色。自分を甘やかしてもいい部屋向けのカラー。甘すぎないペールカラーと、全体を引き締めるための、柔らかさのあるダークカラーとで構成した。毛足の有る素材、艶消しだがすべらかな手触り、紙のような質感、フロストガラスのような半透明、などの素材で表現する。


2.眠り Stance∞

夜は私たちを無限の夢の中へといざなってくれる、暗い空間を作るためのグループ。デジタル映像を楽しむ空間に活用してもいい。ビロード調など、色の深みを表現できる素材や、例えば黒真珠に見られる光干渉のように、干渉効果を持たせてもいい。


3.和み Stance2.0

この部屋に入った人は皆温かい気持ちになる。ただし、あまりプリミティブになり過ぎないように、光沢のある薄い絹のような素材を用いたり、繊細に描かれた絵のような表現を用いたりするなど、洗練されたスタイルで活用したい。


4.気取り Stance3.0

多用途に使われる「場」でありながら、個性を感じさせる空間を作るための色。濃く、癖のある色で構成されているが、プロダクトの形はシンプルに表現したい。黒を地にしたファブリクスに、他の色を柄として構成してもいいし、金属素材を効果的に用いて、モダンな抽象絵画を想わせる表現にしてもいい。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。

JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。詳しい解説や配色の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association