カラートレンド

 

 

 


2016年春夏JAFCAプロダクツ&インテリアカラー

|| カラーテーマ

 “ Identity  アイデンティティ ”

「アイデンティティ」は最近いたるところでよく聞く言葉だが、ではそれは何か聞かれると、簡単に答えることのできないさまざまな要素を含んでいる。
「個性」と同じような意味で使われることが多いが、「個性」というよりは、社会や世界と関わって、そこに存在するための軸になる何かだろう。存在するための自信と言い換えてもいいかもしれない。自信は他者から与えられるものではなく、長い年月をかけて自分自身で築いていくものだ。日々小さな実験を重ねて、獲得したアイデンティティで世界と自らの存在を次の段階へ進化させる。
2016年春夏に向けて、アイデンティティを構築するための4つの要素をタイトルにして、色に置き換えた。

|| カラーグループの特徴

1.知

他者を知る、知識を習得する、自らの「存在」を浮き彫りにするための、ニュートラルで静寂な空間を表現する。金属質と、白っぽい木肌の色、空色、シャボン玉のような光沢をもつ素材で構成したグループ。


2. 鮮

このグループは、「今」を驚きに満ちて迎えるための新鮮な感覚を呼び起こす空間を表現する。アイデンティティは固定されたものではなく、常に変わり続けてなおあるべき姿を持ち続ける。今を写し、光を放つ水面のように、水の流れ、光の流れ、空気の流れを想像させる色で構成した。


3. 愛

光溢れる草原のような、自然の爽やかさに包まれたら、きっと愛を感じることができるだろう。互いのアイデンティティを育む空間にふさわしいカラーグループ。


4. 匠

試行錯誤を繰り返し熟練した技は、まねのできない味わいを生む。人の営みと時間の経過を感じさせる空間を構成するための、いぶし銀、いぶし金、カッパーやダークレッドなど。


個人のブログ等、転載を禁じます

JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association