カラートレンド

 

 

 


2020年秋冬JAFCAメンズウェアカラー

|| カラーテーマ

“Olympiad" オリンピアード


リセット&スタートしていく感覚が強まる

カラーテーマ「Olympiad(オリンピアード)」とは、東京オリンピック以降の世界観を指し示しており、全体感としてリセット&リスタートされ、新しい基準作りが始まっていくといったニュアンスを強めている。東京オリンピックの開催は延期となってしまったが、実際2020年、新型コロナウイルスの影響で、働き方や生活様式、生活者の興味関心事にパラダイムシフトが起こっている。 
シーズンの命題となるのは、環境保全の高いハードルをクリアしながら、人間の英知を駆使したテクノロジーにより創造されていく新しい世界観の構築。それらから創造されていく新鮮なカラーがシーズンを彩っていく。
 

|| カラーグループの特徴

1.New Symbols ニュー・シンボルズ  

新型コロナウイルスの影響を受けながらも、新たにリセット&リスタートしていく感覚を表すグループ。また、サステナブルでヘルシーなスポーツムードを想起させる。


2.Formal Voice  フォーマル・ボイス

エレガント回帰、フォーマルムードの台頭が際立つ今シーズンを象徴するカラーグループ。エレガントでフォーマルライクなスタイリングを想起させるカラーニュアンスがポイント。



3.Neutral Rhythm ニュートラル・リズム

今シーズン注目のニュートラルカラーを中心にベースとなるカラーグループ。ドレス回帰のファッション傾向にあってエレガントなファッションテーマに、あるいはその対極に位置するアウトドアライクなファッションテーマにも活用されるなど、その多面的な活用が期待される。


4.Futuristic Outdoor フューチャリスティック・アウトドア

今シーズンのアクセントカラー。年々高まるアウトドアをキーワードとするファッションテーマへの対応をリードイメージとしている。今シーズンはナチュラルな色域では無く、未来志向で、かつ彩度の高い大胆な活用か、またはジェンダーレスな幅広い活用がポイントに。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。
JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。さらに詳しい解説や配色例の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association