カラートレンド

 

 

 


2019年秋冬JAFCAメンズウェアカラー

|| カラーテーマ

“Blade Runner” ブレードランナー

混沌とした退廃性と生きるエナジー

カラー選定会議において取り上げられた今回のポイントは、混沌とした今の時代がもたらす都市や人間社会の退廃性。一方で東京オリンピック開催を主題としてクローズアップされる「LIFE=生きる」エナジー。この二律背反の一見パラドックスに見える事象が共存するという基本概念である。 
全体テーマについては、シーズンの重要キーワードとなるデカダンス(退廃性)を象徴する世界的なフィルムノワール「Blade Runnerブレードランナー」とした。

|| カラーグループの特徴

1.Toxic Floral トキシック・フローラル

今シーズンを象徴するトレンドカラーグループ。自然な地表に芽吹く花々や水のように見えながら、汚染、酸化、溶解等の毒味を得た色みがポイントとなる。トキシックイエローが注目される。


2.Sweets Element スイーツ・エレメント

甘美なスイーツのような色域が特徴で、今シーズンのアクセントカラーとしての活用が期待される。ジェンダーレスなファッションムーブメントが広がりを見せる中、メンズにおけるレディスライクなカラー活用がポイント。


3.Sports Tech スポーツ・テック

スポーツをテーマとするグループ。スポーツのファッション領域への影響が拡大し、東京オリンピックのプレ・イヤーというような概況にあって、エネルギッシュでポジティブな色相が注目される。存在感のあるフラッシュオレンジが注目される。


4.Neo-Futuristic Nature ネオ・フューチャリスティック・ネイチャー

今シーズンのベーシックを提案するグループ。自然イメージの色相でありながら、どこか近未来的であり、デジタル加工の施された人工的なニュアンスがポイント。


5.Decadence デカダンス

都市や人間社会の退廃性を描いたテーマ「ブレードランナー」を象徴するグループ。装飾的な黒をリードイメージとしたブラキッシュカラー中心の構成。ブラキッシュを引き立てるクレイホワイトが注目される。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。
JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。さらに詳しい解説や配色例の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association