セミナー&イベント

ACA2015-2016

オートカラーアウォード2015-2016ノミネート車両をご紹介いたします!
JAFCAでは、毎年優れたカラーデザインの自動車を顕彰する制度 「オートカラーアウォード」を開催しております。今年のノミネート数は 15。
ノミネート車両すべてをカラーデザイナーと併せてご紹介いたします。(未発表車のため現時点では車名、画像等を公開できないものもあります。)



Auto Color Awards 2015-2016

1.一般審査委員むけ実車展示 ★一般参加募集は、こちら

2015年12月11日(金)10:00-12:00横浜美術館(横浜)

プレゼンテーション  

2015年12月11日(金)13:00-18:00横浜美術館(横浜)

 

2.審査委員実車審査 

2015年12月12日(土)10:00-12:00横浜美術館(横浜)

 

3.ストーブリーグ

2015年12月12日(土)13:30-15:00横浜美術館(横浜)

 

4.発表・表彰

2015年12月12日(土)15:30-17:00横浜美術館(横浜)

 

5.主催

一般社団法人日本流行色協会、オートカラーアウォード2015-2016実行委員会、横浜美術館

 

6.協賛

旭化成せんい株式会社、大日精化工業株式会社、DIC株式会社、トーヨーカラー株式会社、長瀬産業株式会社

 

7.後援

経済産業省(予定)、国土交通省(予定)、横浜市、 日本商工会議所、東京商工会議所、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会、公益財団法人日本デザイン振興会、一般社団法人日本自動車工業会、日本自動車輸入組合、一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会、一般社団法人日本塗料工業会、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会


スズキ㈱

|| テーマ

 「あ、好き!」 心がときめく ぬくもりカラーコーディネート

|| 車名

 アルトラパン
アルトラパンフレンチミント

 

 

 


 

 

 


 エクステリア
①フレンチミントパールメタリック
× ホワイトルーフ× ブラウンモール 3トーンカラー
②コフレピンクパールメタリック
× ホワイトルーフ× ブラウンモール 3トーンカラー
③フォーンベージュメタリック
× ホワイトルーフ× ブラウンモール 3トーンカラー
 インテリア
①グレージュ内装 × キャメルシートファブリック …車両①のインテリア
②グレージュ内装 × ベージュシートファブリック …車両②のインテリア
③グレージュ内装 × ブラウンシートファブリック …車両③のインテリア

|| メッセージ

一目見た瞬間の「あ、好き!」を大切に、ときめきのあるカラーコーディネートでぬくもりと心地よさをデザインしました。

「カワイイ!」を生み出す様々な仕掛けがたくさん詰まった、こだわりの新型ラパンです。

心がときめく ぬくもりの内外装カラーコーディネートを是非実車でご覧ください。

|| プレゼンタープロフィール



スズキ株式会社
四輪デザイン部カラー課
ひらい りえ
平井 利枝
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
色と素材でとても深い世界観を作りこめる仕事と知り、興味を持ったことがきっかけです。
クルマが大好きでロータスヨーロッパに乗り続けていた父親の影響も多大にあります。
 
●エントリー車で担当した部分
車体色、内装色、シート表皮、用品開発、その他カラー開発全て
 
●気になっている色
しゃぼんだまの表面のような透明な虹色。
赤味にも青味にも角度で変化する、我が家の猫のグレーの毛色。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
未加熱処理の蜂蜜がマイブームです。食べて良し、漬けて良し、塗って良し。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
動物と話せるようになる!!
一緒に暮らしている猫とウサギがいつも何を考えてるのか聞いてみたいです。

ダイハツ工業㈱

|| メッセージ

 日本の「ちょっといい時間」を演出する ダイハツ キャスト

|| 車名

 キャストスタイル/キャストアクティバ/キャストスポーツ

キャストスタイル

 

キャストアクティバ

 

キャストスポーツ

 


 

キャストアクティバの内装画像

 

 


 エクステリア
【スタイル】
外装/ファイヤークオーツレッドME(2C1B・メタリック)
 
【アクティバ】
外装/スプラッシュブルーME(2C1B・メタリック) +デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)
 
【スポーツ】
外装/パールホワイトⅢ(3C1B・パール)+デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)
 インテリア 【スタイル】
内装/インテリアアクセントカラー(バーガンディ)  
シート/ベージュ×シルバーのスエード調表皮張り分け

【アクティバ】
内装/インテリアアクセントカラー(ブルー)   
シート/エンボス表皮×シルバー表皮×黒色スエード表皮の張り分け

【スポーツ】
内装/プライムインテリア(レッド&ブラック) 
シート/レザー調表皮(レッドステッチ)×エンボス表皮の張り分け

|| メッセージ

CASTは、日本の「ちょっといい」時間を演出するクルマです!

軽自動車は、「日常の足」なんてよく言われます。毎日使うものだからこそ、日本で一番売れているクルマだからこそ、日本のたくさんの様々な「ちょっといい時間」を提供したい!!異なる個性のダイハツ3部作。

あなたのお気に入りが必ず見つかります!個々のカラーデザインはもちろん、3種類の異なる個性を際立たせたこだわりの内外カラーコーディネートです。是非実車をご覧いただき、体感して下さい!!

|| プレゼンタープロフィール



ダイハツ工業株式会社
デザイン部デザイン室カラーマテリアルフィニッシングユニット
たなべ りゅうじ
田辺 竜司
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
2011年からデザイン部に配属され、内装デザイナーとして仕事をしてきました。
2014年4月に今回のエントリー車であるキャストのカラー開発をスタートする際に、
「形状とCMFをセットで考え、車両の世界観をトータルで考えることのできるチーム」として発足した先行CMFグループに配属になったことがきっかけです。
 
●エントリー車で担当した部分
初期のカラーコンセプト立案から、中期のデザイン方向性決定まで。
 
●気になっている色
特にないですが、しいて言えば、プロ野球チームのヘルメットの色味。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
ヒップホップが主に好きで、MPCを使ってトラックメイキングすること。
PCDJでミックスCDをつくること。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
自分の制作したトラックで、自分の好きなラッパーにラップしてもらう。

トヨタ自動車㈱

|| テーマ

 Japan Color Selection Package ~お客様の日常に特別な一色を~

|| 車名

 クラウン “アスリート”シリーズ

 

 


 エクステリア ①天空(ソラ)②茜色(アカネイロ)③常盤色(トキワイロ)
 インテリア ①白 ②黒 ③こがね

|| メッセージ

色で仕掛ける新たな挑戦
初代クラウンが日本で生まれ、今年で60年。クラウンは日本という地でトヨタの挑戦を常に体現してきました。カラーにおいても然り。6代目は世界初の「パールマイカ」を導入。
現行型の14代目は「ピンク」「空色」「若草色」とトヨタの変革・楽しさを表現。独自の存在感を時代ごとに築き上げる中、今回は完全受注制の「Japan Color Selection Package」として、エクステリア12色、インテリア3色を取り揃え、「選ぶ楽しさ」「自分だけの特別感」をお客様にお届けします。
|| プレゼンタープロフィール



トヨタ自動車株式会社
デザイン開発部
やまぐち まゆ
山口 麻夢
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
自身のルーツはアートであったが、だれかを楽しませたいという気持ちが強く、
様々なシーンで実用性と嗜好性を兼ね備え利用される自動車に、
ぜひ新しく楽しい風をふかせたいと思い、現職を希望した。
 
●エントリー車で担当した部分
・コンセプト、世界観作成
・ラインナップ選定
・インテリアのカラーマテリアルのアイデア作成、色材開発
 
●気になっている色
鉱物の色
特に「ビスマス」という鉱物の表面の酸化膜が織り成す多彩な構造色
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
大食い
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
自分がもう一人欲しい

|| 車名

LEXUS GS F

|| テーマ

深化を遂げる、継承色
レクサス

 

 


 エクステリア ヒートブルーコントラストレイヤリング
 インテリア ブラック&アクセントホワイト

|| メッセージ

深化を遂げる、継承色 
「F」として、同じ色を継承し続け、また時代に合わせ深化させることに意味がある。
エクステリアカラー:摂氏1500度の究極に熱い炎は青く、クールさの中に冷静と情熱が共存しています。そんな熱い魂を込めた「F」カラー ヒートブルー。
絶妙なカラーバランスの2層構成で、これまでにない深みと発色を創出しました。
インテリアカラー:「F」を象徴するホワイト×ブラック×アクセントブルーインテリア。
風を感じられるような配色とし、走りが好きな方の鼓動をMAXにさせる、新しいホワイトインテリア。
もちろん、アクセントのブルーステッチも効果的にレイアウトしています。
|| プレゼンタープロフィール



株式会社テクノアートリサーチ
制作部
きど あゆみ
城戸 あゆ美
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
学生時代インテリアコーディネーターを目指し、生活デザインを専攻していましたが、
自動車カラーデザイナーの道を紹介して頂く機会があり、自動車の世界において
デザイナーの道を進むことを決意しました。
 
●エントリー車で担当した部分
エクステリア・インテリアカラーの開発
 
●気になっている色
純粋且つ、存在感あるホワイトが好きです。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
やはりホームインテリアが大好きで、「整理収納アドバイザー」の資格を取得し、
現在は友人宅の収納のお手伝いに没頭しています。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
病気一つしない、健康な体が欲しい!

日産自動車㈱

|| 車名

リーフ

|| テーマ

リーフ エクステリア2トーンカラー

 

 


 エクステリア タンジェリンオレンジ / スーパーブラック  2トーン
 インテリア ブラック

|| メッセージ

 <リーフ初登場時:2010年12月>
 『量産初の電気自動車 日産リーフ』を世界にアピールし、認知していただくために世界共通に
『エコ、クリーンなイメージ』でコミュニケーションできる車体色『アクアブルー』を設定した。
 
<2015年12月>
 登場から5年を経て、電気自動車『日産リーフ』も広く認知され、コンビニの駐車場でも普通に見るようになった。これは『電気自動車は特別な乗り物』というイメージが薄れてくる、ということでもある。
 いよいよ『日産リーフ』のイメージを広げる段階になったと判断し、オレンジ/ブラックの2トーンを設定した。
 
<タンジェリンオレンジ / スーパーブラック  2トーン の狙い>
 これまでの『エコ、クリーンなイメージ』に、『プレミアム、アクティブなイメージ』を加えイメージの拡大を図る。狙ったのは、『お客様の所有感を満足し』、『走りの楽しさを予感させ』、『ひと目でかっこいいと感じるクルマ』
 
|| プレゼンタープロフィール



日産自動車株式会社
カラーデザイン部
いど まこと
井戸 真
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
小さい頃からクルマが好き。図画工作はもっと好き。
美術大学でカラーに興味をもち
卒業後はクルマのカラーデザインを担当。
クルマ、カラー、デザイン、好きなものがすべて合わさった仕事はまさに天職です。
 
●エントリー車で担当した部分
エクステリアカラー
 
●気になっている色
昨日の夕焼け、すごくキレイな色でした。
みなさん、最近 「空」 見てますか?
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
これ、小学生の時から考えているんですが、考えているときが一番楽しいので、
これからもずっと考えていたいです。

|| テーマ

 ジューク <ドレスアップ> 専用エクステリア2トーンコーディネーション

|| 車名

 ジューク

 

 


 エクステリア アズライトブルー(P)/ブリリアントシルバー(M)2トーン〈#XAZ〉(特別塗装色)
 インテリア ブラック〈G

|| メッセージ

 2010年6月9日発売から既に5年半
それまでの間、ジュークはカラーデザインで様々な新しい価値をお客様へ提供してまいりました。
 
今回ご提案させていただく<ドレスアップ>は新たなジュークをお客様へ提供する為に
バイオレットとシルバーの、大胆な2トーンに挑戦しました。
 
ジュークで2トーンは初めての取り組みですが
日産スポーツカーのスピリッツを感じていただけるよう
かつての日産フェアレディZのマンハッタン2トーンをオマージュし
新たな日産スポーツのカラーデザインを感じていただければ幸いです。
|| プレゼンタープロフィール

   

日産自動車株式会社
グローバルデザイン本部 カラーデザイン部
なかむら なおたか
中村 直孝
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
自動車デザインの学校卒業後、スタイリング・カラー&フィニッシュを横断で経験できるよう希望したが、最初にカラーデザイン部に配属。それ以降、一貫してカラーデザインに従事している。
 
●エントリー車で担当した部分
イベント企画構想段階から、ボディカラーの選定。2トーンブレークラインデザイン協業
工場で試作ロットが生産される直前までの現場(工場)でのデザイン確認まで。
 
●気になっている色
1、複層塗装工程のミステリアスな魅力がある LEXUS LF-FCのカラードグレイ
2、アウディが東京モーターショーで提案したガラスフレーク使いのブライトブルー
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
1、育児
2、日曜大工
3、家庭菜園
4、釣り
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
趣味や育児にあてられる、自由な時間がもっとほしい

富士重工業㈱

|| テーマ

 スバルデザインの情熱と、イタリアのクラフトマンシップの融合

|| 車名

 WRX S4 SporVita

 

 


 エクステリア ラピスブルー・パール
 インテリア  NEWタン×ブラック

|| メッセージ

SporVitaはスバルの目指す安心と楽しさを分かりやすく具現化しました。スポーツ性能を際立たせると同時にイタリアらしい華やかさも持ち合わせた、こだわり溢れるエレガントかつスポーティな内外装カラーデザインです。サブネームとなるSporVitaとは、イタリア語のSportiva(スポーティな)とVita(人生)を組み合わせ、スバル車の持つスポーツ性能とこだわり抜いた上質な室内空間によってドライバーのカーライフをより豊かに彩っていく、という意味を込めて命名しました。
|| プレゼンタープロフィール



富士重工業株式会社
スバル商品企画本部 デザイン部
あかいけ ひろふみ
赤池 宏文
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
エクステリアデザインからのローテーションで、知識も無いのにいきなりカラーデザインに放り込まれました。理由は「ファッションに興味がありそうだから」との事でした。
 
●エントリー車で担当した部分
インテリアカラー全般。
 
●気になっている色
水平線に落ちる夕日の様に燃える赤
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
趣味は革靴作りです。1年半ほど前から始めた趣味ですが、デザイン、裁断、縫製、つり込みを一貫して行う事で、純粋なモノづくりの喜びを再確認出来ます。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
南の島でノンビリ暮らしたいですね。

|| テーマ

 アクティブタンインテリア&アクティブエクステリア

|| 車名

 EXIGA CROSSOVER 7

 

 


 エクステリア クリスタルホワイト・パール
 インテリア タン×ブラック

|| メッセージ

スバル新世代のホワイトパールであるクリスタルホワイト・パール色は、SUVの象徴である樹脂のブラックカラークラッディングとのコントラストを出し、クルマのコンセプトを強く表している。

また、内装色のタン色との相性も良く、内外カラーのマッチングを考慮したボディ色である。

ボディの部品色も、大きなフロントグリルのマットシルバー色はSUVらしい力強さを演出。リアゲートの大きなメッキモールやサイドの「CROSSOVER7」文字のシルバーで、SUVのアクティブさと同時に質感の高さも表現した。

|| プレゼンタープロフィール
 
 

富士重工業株式会社
スバル商品企画本部 デザイン部
おおうち ひろこ
大内 浩子
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
何も知らずにカラーデザインに飛び込みました。しかしカラーは、理屈で語れるものではなく、人の気持ちや時代をうつす鏡、何年やっても難しく奥深いと感じています。
 
●エントリー車で担当した部分
インテリアカラーリング全般
 
●気になっている色
イエロー、ピンク。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
趣味は、長年続けているアルトサキソフォンを吹くこと。

ホンダ

|| テーマ

 超高彩度トリコロール

|| 車名

 RC213V-S

 

 


 エクステリア トリコロール(チャンピオンレッド、パールスペンサーブルー、ロスホワイトによる)

|| メッセージ

よく晴れた朝、ガレージから『RC213V-S』を表に出す。
じっと佇んでいた『RC213V-S』のボディは陽光を浴びて
鮮烈な輝きを放つ・・・・
世界一速い=世界一操りやすいマシンであるレーシングマシン「RC213V」を公道走行可能にしてしまったこの『RC213V-S』は、現在Hondaの市販モデルの最高峰に位置し、また、ホンダが常に進化し続けることを表明するものです。
私たちの思いのこもったカラーデザインを是非実車にてご覧ください。
|| プレゼンタープロフィール



株式会社 本田技術研究所 二輪R&Dセンター
デザイン開発室 第2ブロック
さかた ひろき
坂田 裕基
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
製品がお客様の目に触れるとき、真っ先に目に飛び込んでくる情報はカラーで、その製品に興味が無い人でもカラーは判断できる。
そんな重要なカラーデザインにできることを追求したいと思いたち、今に至ります。
 
●エントリー車で担当した部分
外装フェアリングのカラーグラフィック展開からモデル化まで
 
●気になっている色
彩度の低いグレー系。
旧い車やお洒落家屋にありそうな微妙に色味のついたグレーに目がいきます。
自分の車にも塗ってみたい色です。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
クルマいじり(不便なクルマに手を入れて快適度をあげる)
マイブームは寒い季節にキャンプすること。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
わが家の近くに、駅と、気の利いた飲み屋を。

|| テーマ

 THE 50s-60s  HISTLICAL AMERICAN COLOR

|| 車名

 N-BOX SLASH

 

 

 


 

 

 


 エクステリア
・プレミアムホワイトパールⅡ&レッド(2トーンルーフ) 
・プレミアムディープモカパール&ブラック(2トーンルーフ) 
・サーフブルー&ホワイト(2トーンルーフ)
 インテリア DINER / SESSION  / GLIDE

|| メッセージ

『ファンキーなクルマ』を合言葉にこのクルマの企画はスタートしました。
デザイナーの『こんなクルマが欲しい!』『こんなカラー無かったよね!』が発想の原点です。
 
みんなのいいね!から生まれたN-BOXスラッシュ。
コダワリを持った幅広い世代へ向けて、クルマとの新しい付き合い方を提案します。
 
遊び心あふれる世界観を表現するために、CMFはこだわり抜きました。
そんな魅力あふれるN-BOXスラッシュをお楽しみください。
|| プレゼンタープロフィール



株式会社本田技術研究所四輪R&Dセンター
デザイン室 3スタジオ
はんざわ さゆり
半澤 小百合
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
大学時代に中型のバイクに乗っていた経験と、テキスタイルを勉強していた事が合わさり、
モビリティーとしてのインテリアに興味が出たことがきっかけです
 
●エントリー車で担当した部分
エクステリア・インテリアのカラーコーディネート
 
●気になっている色
ホッとするような温かいグレー
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
帆布生地を使ったバック作り
楽器演奏(クラッシックピアノ、鍵盤ハーモニカ など)
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
まるごと一軒家をリノベーションしてみたい

|| テーマ

 『HAPPY CREATOR'S BASE』

|| 車名

 STEP WGN

 

 


 エクステリア MILK GLASS PEARL
 インテリア IVORY

|| メッセージ

 『楽しさ』を創造するすべての人に向けた『HAPPY CREATOR'S BASE』
「大切な時間を共有」する、「居心地の探究心」のあるライフクリエーター達へささげる
ホスピタリティカラーを提案します。
 
とある一日のはじまり。
食卓にはお気に入りの器と共に、食を味わい楽しむシーン
 
楽しさのはじまりへといざなうダイニングスペースをイメージして、
乳白の柔らかでぬくもりある存在感の「ミルクグラス」を囲む満足感、
開放的で清潔感のある「グレージュ」室内の居心地感、
シンプルにしつらえた「ツィード」チェアの安心感ある座り心地、
無垢な木肌の「白木」触感がいやしなごませる。
ライフクリエーターと共にハーモナイズする一体感を一台に表現してみました。
|| プレゼンタープロフィール



株式会社 本田技術研究所
デザイン開発室 3スタジオ
はまむら ななえ
濵村 奈奈絵
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
車の存在すら漠然とした知識しかない大学時代、
イエローの車がBEATという名のホンダ車であると知った事、
そしてホンダがカラーテキスタイルデザイナーを募集していた事、
それら事柄が一斉に舞い込んだ
 
●エントリー車で担当した部分
エクステリアカラー・インテリアカラーサーフェイスマテリアル全般
 
●気になっている色
微細で繊細に色域をもつホワイト
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
七十二候の移ろいのスピード感や、
気候色に纏わる書籍を眺め気持ちのキャリブレーションをする事
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
4色型色覚で共感覚者になりたい

マツダ㈱

|| テーマ

 素材感でクルマを作る

|| 車名

マツダCX-3

 

 


 エクステリア セラミックメタリック
 インテリア ピュアホワイト

|| メッセージ

CX-3という新しい車において、単なる色表現を追求するのではなく、もっとも造形を引き立てる素材感としてボディーカラーを開発しようと試みたのがセラミックメタリックです。そのような素材感としてイメージしたのが透明感と硬質さを併せ持ったファインセラミックです。シンプルに造形を引き立て、美しい移ろいで陰影感をつける、そんな狙いで作りました。初期の調色ではうまくまとまらず、あきらめかけたこともありましたが不思議な魅力を捨てきれず、最後まで作り続けました。明るいところでは白く輝き、暗いところではソリッドグレーに、そしてある瞬間にはマットにも見える、CX-3のシンプルな造形を引き立てるこの質感の魅力にご注目ください。
|| プレゼンタープロフィール



マツダ株式会社
デザイン本部 アドバンスデザインスタジオ
きむら ゆきな
木村 幸奈
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
大学でプロダクトデザインを専攻し、特に色や素材を考えるのが好きだった私にとって、
これだ!と思った仕事が自動車のカラーデザイナーでした。
 
●エントリー車で担当した部分
内外装CMFデザイン開発 主担当
 
●気になっている色
墨のにじみの色。
書道でも水墨画でも単色の表現にもかかわらず、
にじみの中に奥行きや何とも言えない魅力を持っていることに惹かれます。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
観葉植物集め
小さな植物を何点か育てていましたが最近少し背の高い子に挑戦しました。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
海が美しい島へ移住したいです。

|| テーマ

境界をなくせ!

|| 車名

 マツダロードスター

 

 


 エクステリア ソウルレッドプレミアムメタリック
 インテリア ブラック

|| メッセージ

 【エクステリア/インテリアの境界を越えたCMFコーディネーション】
オープンカーならではの一体感をダイレクトに感じてもらうために、内外の境界を越えたCMFコーディネーションを提案しました。フロントフェンダーからドアに繋がるボディーラインによって、クルマとの一体感を瞬時に感じて頂けると思います。実現に向けては困難を極めましたが、CMFデザイナーとEX/INデザイナーが極めて初期段階から一体となって取り組み、その熱意は更に、部門の壁をも越えて工場の作業メンバーにまで広がったことで実現することが出来ました。「だれもが、しあわせになる。」そんなロードスターならではの楽しさを、色とカタチの融合で仕上げることができました。
|| プレゼンタープロフィール



マツダ株式会社
デザイン本部 プロダクションデザインスタジオ カラー&トリムデザイングループ
たにぐち こうすけ
谷口 弘輔
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
元々カーデザイナー志望でしたが、学生時代にACAの存在を知ったことがきっかけでカラーデザインに興味を持ちました。形と違い、コンマ数秒で見る者を惹きつける色の力に魅力を感じています。
 
●エントリー車で担当した部分
内外装CMFデザイン開発 主担当
 
●気になっている色
昔から青がお気に入りです。幼い頃山で見た、吸い込まれるような深い青がいまだに目に焼き付いており、いつかこの色を実現したいと思っています。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
ランニングと読書。頭の中を整理するのに欠かせません。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
猫と話したいです。

三菱自動車工業㈱

|| テーマ

Performance × Luxury

|| 車名

 アウトランダーPHEV

 

 


 エクステリア ルビーブラックパール
 インテリア ブラウン

|| メッセージ

スタイルとしてのエコから脱却し、 次世代の走りとステイタスを満足さえる質感を追及。
対極にある感覚が繋がり、重なり、交じり合うことで妖しさと魅力を生み出す。
|| プレゼンタープロフィール



三菱自動車工業株式会社
デザイン本部インテリア&カラーデザイン部カラー
やすい ちぐさ
安井 智草
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
学⽣時代はビジュアルデザインを専攻していましたが,クルマが好きで⾃動⾞会社へ。入社試験で3枚のポスターを持ち込んだところ,「色の印象が強かった,君はカラーね」とカラーデザイン配属決定。
 
●エントリー車で担当した部分
内外カラー取り纏めを担当
 
●気になっている色
⾃然界の色(⼟や植物〜⽣物まで)
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
純文学。もともと中学時代に読み耽り(暗い・・・)、最近また読み返し始めた。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
1 週間を8 日にしてください。⽉・⽕・⽔・⽊・⾦・⼟・⼟・日!

ヤマハ発動機㈱

|| テーマ

RBシリーズカラー戦略

|| 車名

MT-25/07/09/09Tracer
 エクステリア
Mat Silver 1 + Deep Purplish Blue Metallic C
フレーム、コンポーネンツ:DPBMMC ・タンク
外装カバー:MS1

|| メッセージ

RB(レースブルー)シリーズカラー戦略
 
ヤマハスポーツバイクの背景にあるレース。その中で育てられたブルー、
培われたテクノロジーを新たな解釈でグローバルに打ち出し
スポーツバイクのカテゴリーにおいてMT独自のRBカラー戦略に展開
情熱と知性、歴史、様々な思いをRBカラーに託し
世界中のライダーにヤマハブランドを伝える。
|| プレゼンタープロフィール



ヤマハ発動機(株)
デザイン本部 製品デザイン部 デザイン企画G
やすだ まさひろ
安田 将啓
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
自らが企画した内容がモノになり、お客さまに驚きや悦びを届けられるため。
お客さまと商品の最初の接点、モノの第一印象を決めるデザインを
企画することに魅力を感じたため。
 
●エントリー車で担当した部分
モデルラインアップのカラーリングデザイン戦略と
モデル個別のカラーリング企画
 
●気になっている色
ヤマハのレースブルーだけでなく青全般
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
春先に購入したRBカラーのMT-07でツーリング
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
1年くらいかけて、今まで担当したモデルを買っていただいたお客さまに
会う為に全世界を回りたい。それをしながら新しい遊び場・遊び道具を
考える旅をしたい。



株式会社GKダイナミックス
動態第3デザイン部
あおき しょうご
青木 省吾
                                        
●自動車のカラーデザイナーになった経緯
1995年にGKダイナミックス入社以来トランスポーテションのCMFGデザインを担当。カラーから作り手の思いを具現化し、その思いを一瞬で乗り手の情熱に伝える事が出来るカラーデザインに魅力感じています。
 
●エントリー車で担当した部分
カラーラインナップのデザイン戦略から個々の車体カラーリングまで
 
●気になっている色
経年変化で劣化した鉄錆の茶や丁寧に時間を掛けて磨いたレザーの紺など時間が生み出す素材の色。
 
●趣味、今ハマっていること、マイブーム
レザーによるカバン、財布、ステーショナリーなどを作成。使えば使うほど魅力が向上していく素材に惹かれています。常にコンパクトな設計を目指すあまりサイズを詰め過ぎてしまうという失敗が絶えない。
 
●願い事が1つかなうなら、何をお願いしますか?
1日36時間にしてどう使うか試したい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association