カラートレンド

 

 

 


2017年秋冬JAFCAメンズウェアカラー

|| カラーテーマ

 “ Texture Remix” テクスチャー・リミックス

光の効果、素材感によるカラー表現に注目
2017年秋冬シーズンのカラー選定においてポイントとなったのは「マテリアル×カラー」。物質そのものの質感がもたらす色への影響と、「光」の効果が及ぼす色の見え方変化への関心であった。 
実際、「微変」を繰り返す現代のファッションデザインにおいて、テキスタイルでファッションの価値を創造する傾向がますます強まっている。2017年秋冬シーズンにおいても、色だけでは表現できない微妙な物質的なニュアンス、光が及ぼす色への効果が強く意識されるシーズンとなる。
ファッショントレンド傾向同様、カラー傾向のトレンドファクターとしても、エシカル、ミリタリー、フォーマル、ラギッドといったキーワードが再び浮上している。これらメンズファッションの王道を行くトレンドファクターが数多く再出現する中で、現代性を希求する差別化要素としての「色」の広がり感やその効果が注目される。

|| カラーグループの特徴

1.Refined Glacier リファインド・グレイシャー

グレイシャーとは、大きな氷塊の事で、繰り返し時間をかけて降り積もった雪は、重さと圧力により押し固められ、青い光を反射し表現しがたいほど美しいグレイシャーブルーを生む。そのグレーシャーブルーを中心に、光の影響を意識したクールカラーのグループ。


2.Luxe Denali リュクス・デナリ

アメリカ、ゴールドラッシュの時代を象徴する、北米最高峰の「デナリ」。デナリとは「偉大なもの」を意味する。当時のデナリに集まる骨太で屈強な労働者たちをリードイメージとしたラギッドなカラーグループ。



3.Poetic Army ポエティック・アーミー

ミリタリーのトレンドへの影響は継続するが、従来の無骨なミリタリーイメージを一新する上質で都会的なニュアンスがポイントとなる。テクノロジーによるケミカルなテクスチャーの表現と、このグループのカラーレンジの融合は、新しいカラーニュアンスを創出している。


4.Easy Tech Dandyイージー・テック・ダンディ

現代的で新しい価値観を有したフォーマルムードを象徴するカラーグループ。テクノロジーの進化とともに、心地良さを追求するエフォートレスやスポーティなムーブメントが広がりを示し、フォーマルなウェアリングにおいてもこれらの傾向は顕著に現れる。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。
JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。詳しい解説や配色の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association