カラートレンド

 

 

 


2018年春夏JAFCAレディスウェアカラー

|| カラーテーマ

 “UTOPIA” ユートピア


不安な世界で求められる“理想郷”
自然災害、テロ、予期せぬ事件をニュースで見ることが多くなった。景気も簡単には上向かないと再確認した中、とにかく大切なのは日々の暮らしであり、何かに守られているという安心感を求める人が多いのではないだろうか。一方で、何かポジティブなパワーや突き抜けた楽しさがあったらと思ったりもする。
そんな気分に沿うカラーはどんな色だろうか。
2018年春夏レディスウェアカラーはこのような背景から選定された。不安に覆われ、揺れる世界で、人々に求められる理想郷「UTOPIA(ユートピア)」をイメージし、全体テーマ名とした。拠り所の無い時代だからこそ、色の力を存分に活用したい。

|| カラーグループの特徴

1.Gender Neutral ジェンダー・ニュートラル

トランスジェンダー、ジェンダーレスという視点が様々に広がる今、そしてこれから、新しいユニセックスとして、メンズアイテムのエッセンスを取り入れるだけではなく、性別を超越するという考え方が欠かせない。そこで、性別を超えた新しい中性的ニュートラルカラーとしてベージュを中心としたスキンカラーを提案したい。


2.Selfwhere セルフウェア

Selfwhereとは、self(自己)とwhere(場所)/wear(身に付ける)を組み合わせて造った言葉で、自分自身の場所や、自分が身に付けること・モノを意味している。しばらく注目が続いている民族性や地域、クラフト感覚などを背景にしており、今季はダークカラーを中心としていることが特徴。



3.Air Cap エア・キャップ

澄んだ空気や自然の植物、光に満ちた風景をおもわせる、軽く優しいペール~ライトカラーのグループ。Air Capは、壊れやすい物を包んで守る「プチプチ」緩衝材のこと。儚くみえて、しっかりと守ってくれるその心強さ。


4.Limitless リミットレス

将来に対する不安を訴える声が多く聞かれる中、沈んだムードを一気に吹き飛ばしてくれるような、鮮やかで華やかなカラーを選定した。天真爛漫でありつつ上品な、ハイコントラストな色使いが、姿の見えない閉塞感を打ち破ってくれそうである。


※ブログ等に転載される場合は、出典先を明記下さい。

JAFCAの会員にお入りいただくと、実シーズンの1年半前にいち早くトレンドカラーの情報を入手することができます。詳しい解説や配色の資料なども入っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

Copyright (C) JAFCA - Japan Fashion Color Association